美容師泣かせの服装とは?

美容室に行く際に、「服装どうしようかな」と悩んだことがある方も多いのではないでしょうか。「オシャレには見られたいけど、気合い入れすぎるのも恥ずかしいし…」なんて毎回葛藤しながら通っている人もいるのでは?基本的には美容室側は「どんな服装でも構いませんよ!」というスタンスです。「その日の服装に合わせて最後にスタイリングしてお帰りいただくので安心してください」というわけです。しかし、中には美容師さんが少し気を使ってしまう服装がありますのでできれば避けてあげると良いものを挙げておきます。

タートルネック

秋や冬には重宝するタートルネックですが、これは実は美容師さんが少し気を使う服装なのです。なぜなら、「お客様の服を汚してはいけない」から。カラーやパーマをする際にラップやタオルを巻きますよね。その理由の一つは、薬液でお客様の服を汚さないため。タートルネックだとタオルやラップが巻きづらいので、少し気を遣う美容師さんもいるそうです。

白襟シャツ

男性はさわやかなイメージで人気の白襟シャツ、女性も夏場涼しげなファッションで良いですよね。しかし、これもタートルネック同様ですが、首元が詰まっている、キレイな白シャツを万が一でも汚してはいけないというプレッシャーから緊張してしまう人もいます。

もこもこ素材のニット

髪を切る際に服につかないようにカバーをかけますが、それでも多少服についてしまうのは仕方のないこと。しかし、もこもこ素材のニットは少し手ではらってもらったくらいでは細かい毛が絡まっているので取れません。美容院後にお出かけなどの用事がある場合はこの素材は避けておいた方が無難です。出先で服に髪の毛が大量についているのを見つけると気分が落ちてしまいます。

関連する記事